システム管理機器

省エネルギー化に貢献

システム管理機器とは

空間の快適性とエネルギー一元管理を実現

現在、大規模な建築物の空調設備における「エネルギーの見える化」や「一元管理による効率化」に対するニーズが拡大しています。

そこで、システムリモコン等を利用して、効率の良いエネルギー使用量を図り、最適な省エネ環境へ導く空調システム管理機器が注目されています。

空調制御システムは、主に建物内の空調と熱源設備を監視、制御することで空間の快適性を保ち、またエネルギー管理を行うことで省エネルギー化に貢献します。

エネルギーマネジメントシステムの仕組み

エネルギーマネジメントシステムの仕組み

ランニングコストの削減に効果的

空調管理システム導入のメリットとしては、本体部分から一括&個別管理できるため、空調機の台数が多くても管理が容易であることや、季節や施設の営業日・営業時間等に応じてスケジュール運転が可能になること、省エネ効果をデータ蓄積して画面表示させ、見える省エネを実現できることなどが挙げられます。(以上全て、機種ごとに能力は異なります)

使用する機種に応じて最適な機能を使いこなすことにより、ランニングコストの削減に効果的な利用が可能です。

取り扱いメーカー

アズビル

アズビル

Panasonic

Panasonic

ジョンソンコントロールズ日立空調

ジョンソンコントロールズ日立空調

ダイキン

ダイキン

三菱電機システムサービス

三菱電機システムサービス

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。