エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット

快適な居住空間を実現

エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット

エアハンドリングユニットとは

エアハンドリングユニットは、環境基準を満たした快適な居住空間を作るため、各室内からの還気と同時に外気を取込み、浄化をした後熱処理を行い、空調のための空気を各室内に給気します。

その構造は、エアフィルタ、空気熱交換器、加湿器、送風機を金属のケーシングに収めたユニット構造をしており、通常は専用の機械室に設置されています。

ファンコイルユニットとは

ファンコイルユニットは個別に仕切られた会議室や外気温度の影響を受けやすい窓側など、エアハンドリングユニットだけでは温度制御ができないエリアの冷暖房を行います。

ファンコイルユニットの制御機能は温度制御のみで湿度の制御はできません。また、施設内の空気の循環のみを行いますので、外気の取入れはエアハンドリングユニット、もしくは独立した換気設備が行います。

ファンコイルユニットには独立した冷水コイルと温水コイルがある4管式ファンコイルユニットと、それらを兼用した冷温水コイルを持つ2管式ファンコイルユニットがあります。

エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット

エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット

エアハンドリングユニット

エアハンドリングユニット(木村工機社製)

ファンコイルユニット

ファンコイルユニット(木村工機社製)

一般的なエアコンとの違い

室外機のスペースを効率化

一般的なエアコンは冷房や暖房など、室内の空気の温度を調節するための機械です。室内機と、ベランダや屋上に設置している室外機が1セットになっていて、その2つを冷媒管で繋げます。

冷媒管の中の冷媒物質が、室内の熱を外に吐き出し、室内を冷やす仕組みになっています。そのため、パッケージエアコンを設置する際には同時に室外機を設置する場所が必要になります。

そのため、多くの室内機を必要とする大型ビルでは室外機を設置する場所の確保が難しくなります。

エアハンドリングユニットの場合、大きな熱源装置を地下に設置するだけで済み、室外機の設置が不要になるため、スペースの効率化を図ることができます。

主な対象施設

取り扱いメーカー

新晃工業

新晃工業

木村工機

木村工機

クボタ空調

クボタ空調

東洋製作所

東洋製作所

三菱重工冷熱

三菱重工冷熱

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。