PFI事業

PFI事業とは

PFI事業について

PFIとは

PFIとは、安くて優れた品質の公共サービスの提供を実現することを目的とし、公共事業を実施するための手法の一つで、民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、公共施設等の設計・建設・改修・更新や維持管理・運営を行うものを指します。

あくまで地方公共団体が発注者となり、公共事業として行うものであり、民営化とは異なる業態です。

正式名称を、Private-Finance-Initiative(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)といい、頭文字をとってPFIと呼ばれています。

従来型公共事業とPFI事業の違い

従来型公共事業とPFI事業の違い

対象施設

PFI事業が適用される施設には、以下のものがあります。

公共施設 道路、鉄道、港湾、空港、河川、公園、水道、 下水道、工業用水道等
公用施設 庁舎、宿舎等
公益的施設等 公営住宅、教育文化施設、廃棄物処理施設、医療施設、社会福祉施設、更生保護施設、駐車場、 地下街等
その他の施設 情報通信施設、熱供給施設、新エネルギー施設、リサイクル施設、 観光施設、研究施設

対象機器

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。