ビル・高層建築物

ビル・高層建築物向け空調機

ビル・高層建築物向け空調機の種類

空調機選定のポイント

日常生活を送る上で身近な空調機として、家庭用ルームエアコンや雑居ビル等低層建築物向けのビル用マルチエアコンがあります。

一方、大型の建造物においては、大型の吸収式冷温水機などを使用して集中的に冷たい水や温かい水を大量に作り、専用の空調機へ連続的に供給することで空調を実現する方が、エネルギー効率や設備投資費用の面で有利になる場合があります。

このような方式をセントラル空調システムと言います。

例えば、雑居ビルの場合、それぞれのテナントにおける建物の使用時間帯が異なり、冷暖房機を1ヶ所でコントロールしにくい状況下にあることが多いため、各階または使用室毎に1台ずつ機械を設置し、使わない時に止めるという方式がよくとられます。

これに対し、オフィスビル等においては、始業、終業がほぼ同じですので、どこか1ヶ所に機械をまとめて管理した方がきめの細かい空調ができます。

前者を個別空調、後者をセントラル空調(又は中央空調)と呼びます。

また、システム管理機器を併用することで、より効率的な空調機の利用環境を実現することが可能です。

セントラル空調の仕組み

セントラル空調の仕組み

対象機器

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。