工場

工場向け空調機

工場向け空調機の種類

空調機選定のポイント

製造工場の多くは大空間で天井が高く、工作機械等の熱を発する機器が稼働し続けており、場合によっては半屋外での作業となるため空調機が作用しづらく、従業員は厳しい作業環境に置かれます。

従って、空調機を選定する際には、天井の高さ、製造または保管する商品の特性、排熱する機器の有無などを考慮して機器を選ぶ必要があります。

例えば、粉塵が発生する食品工場には内部洗浄可能仕様モデルが適しています。

機器の劣化を防ぎ、日々のメンテナンス効率を高めるほか、空気を綺麗に保つことが出来ます。

部品工場では耐腐食パーツを採用した工場仕様が適応されます。

切削・研削時に出るオイルミストが熱交換器の腐食を早めるため、専用フィルタの取り付けにより耐久性を向上させ、機能の低下を防ぐことが肝要です。

他には、食品加工室・食肉解体室・食品配送場・食品倉庫の他、電子部品の組み立てラインや電算室・機械室・制御室・精密測定室などのクリーンルームに対応した、室温を10~28℃に制御する中温エアコンがあります。

対象機器

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。