介護施設

介護施設向け空調機

介護施設向け空調機の種類

空調機選定のポイント

介護施設は主として高齢者が利用し、施設の種類によっては生活の場として日々の暮らしを送っている場合もあります。

高齢者の方は免疫力が弱まっている場合が多いため、少しの環境変化でも体調を崩しやすく、清潔な環境を用意する必要があります。

介護施設を高齢者の生活の場として捉えた場合も、暑さや寒さは生活の質の低下に直結する条件の1つですので、環境を整えていくことは必須と言えます。

介護施設における居室用の空調機選定のポイントは、個別運転/管理システムの採用の見極めです。

個別運転モデルを選択した場合、部屋ごとに温度設定が出来ます。

施設の利用者は一人一人体感温度が異なります。好みに合った空調環境で過ごすことは体調管理にも繋がるメリットがあります。

一方で、認知症患者が利用する施設の場合、進行度によっては個別に操作できてしまうことで操作を誤り、トラブルの元になる可能性があります。

そういった危険性をはらむ環境下にある施設の場合は、空調管理システムを採用し、個別の操作を最小限に抑えることで、トラブル発生のリスクを未然に防ぐことが可能になります。

食堂・ホール等の共用部向けの空調機については、直風が苦手な入居者や、窓際・壁際等の空調を行き渡らせることが難しいエリアに向けて、風のムラ・風当たりの解消可能な空調機を選定していくことが、均一で快適な空間を創出するためには有効です。

対象機器

SOLAXIAが持つ、総合提案力とは

通常の空調工事では、空調機を設置・交換すればその場限りで完了となります。
いま一歩、その先を見据えてみませんか。
SOLAXIAならではの総合提案力で
空調工事のその先を考え、お客様と共に未来を創ります。