空調は生産性にも影響を与えます “空調に関する問題”

空調を必要とする場所は多岐に渡り
それだけ課題も存在します

設置する環境やコスト面により空調設備の需要は様々です。

イメージ

工場・倉庫

密閉された空間は非常に熱がこもりやすく、夏場などは特に温度だけでなく湿度も上昇します。健康面からも改善策が望まれます。

イメージ

競技場

夏場などの屋外競技場では熱中症など危険を孕んでおり、観客の暑さ対策を講じる必要があります。

イメージ

室内運動場

若いお子様からお年寄りまで幅広い年齢層に活用されるような施設は温度調節が大変難しいです。快適な温度を常に一定に保つ工夫が必要です。

イメージ

牛舎・養鶏場

砂やほこり、肥料となる餌が舞ってしまうため、強い風を当てることが出来ず、結果熱がこもってしまい家畜への影響が出るケースもあります。

暑さ・寒さ・結露対策の決定版 シーリングファン

風を感じない空調「コンクリート表面処理、床修繕」

風が与えるメリット

新設の施設から既存施設まで風の専門家にご相談下さい。物流倉庫や工場といった大風量を要する施設や、オフィス・商業施設といった音やホスピタリティを重視する施設まで様々な施設の「風の改善」をご提案します。

イメージ

夏場でも冬場でも大活躍

エアコンを使用することなく体感温度を調節

シーリングファンは空気の循環を促し対流を発生させるため、夏場エアコンの冷房を活用しなくても体感温度を3℃~5℃下げることができます。

冬場でも天井付近に溜まりやすい暖かい空気と、地上付近に溜まりやすい冷たい空気を循環させ、施設内の最適な温度を作ることができます。

省エネ効果

最大30%の省エネでコストの大幅削減

電気代は1時間あたり数十円程度。冷房だけではなく、暖房の効率も大きくUPします。

空気の動きがあると対流を発生させ空気の循環を促すため、夏場の28℃〜30℃、冬場の18℃〜20℃でも快適に過ごすことができ、電気代を大幅に削減することができます。

結露対策

空気の循環で製品の品質・従業員の安全を保つ

空間の空気を常に動かすことで、結露が発生しにくい環境を作ることができます。

出荷前の製品へのダメージ減少、床面の結露防止(作業者の転倒防止)対策などにも効果的です。

上記以外にも様々な用途に対応可能な商品を取り揃えております。
詳しくはお問合せ、または資料請求にてご確認ください。

ご相談・資料請求はコチラ

こんな方法でお悩みを解決しています 導入事例

ソラシアのシーリングファンなら、快適な空間を実現できます。

工場、倉庫、体育館、野外コンサート場から牛舎・養鶏場まで
様々な施設・用途で「シーリングファン」をご利用いただいております。

倉庫

物流・資材・物流・定温・格納倉庫など

作業者の体感温度の低下・快適性UP。結露抑制の抑制によって、作業者の転倒防止や、錆の防止、荷崩れ防止など製品品質の向上にもつながります。

圧倒的な風量のため、天井の高さがある倉庫でも、快適空間をもたらします。夏季の冷房費・冬季の暖房費を大幅削減。

天井の取り付けることで、大きくスペースの確保することができます。リフトなどの衝突や、使用しない期間の撤収などの必要もありません。

工場

組立・加工・製缶工場など

作業者の体感温度の低下・快適性UPにより生産性向上が期待できます。空気循環による嫌な臭いの抑制。

空間内の温度差は、結露の原因となります。空気循環により、結露・錆の発生を抑えます。品質向上や再加工の負担を無くします。

熱中症の防止。ゆっくりとした、やさしい風が体感温度を下げ、作業者の身を守ります。

その他

ビル・家畜小屋(牛舎)・競技場・体育館・商業施設・イベント施設など

吹き抜け構造による温度ムラの解消。

空調費削減・家畜の暑さ対策。観客の暑さ対策に広く活躍しています。選手たちの暑さ対策、空間内の臭い抑制などの効果があります。

ワンストップサービス 面倒な手続きもご安心ください

どのように予算組み
すれば良いか分からない
助成金の申請方法が
分からない・面倒
どこ施工業者に依頼すれば
よいか分からない
稼働後のトラブルが
発生した

ご安心ください

  • お問い合わせ
  • ヒアリング
  • 現場調査
  • 設計・お見積もり
  • ご提案
  • 申請
  • ご契約
  • 工事
  • 完成
  • >アフターケア
  • お問い合わせ
  • ヒアリング
  • 現場調査
  • 設計・お見積もり
  • ご提案
  • 申請
  • ご契約
  • 工事
  • 完成
  • >アフターケア

SOLAXIAで全て請け負います

複数業者を使わず、企画からアフターケアまで、1社で全て賄える事で中間マージンを無くしコストを削減

空気が未来を変える 建物や企業、地球の未来を
見据えたご提案をいたします。

ビジョン

建物の性能向上を図るとき、
省エネ化による環境性能の向上は欠くことのできない要素のひとつです。
建物のエネルギー使用量の中でも、病院等では38%、オフィスビル等においては48%もの割合を空調・エアコンが占めていると言われています。

空調設備を刷新することの効果は、単にランニングコストを削減することだけにとどまりません。職場の空調環境改善は従業員の生産性も向上させます。
また昨今では地球温暖化の防止に向けて企業のCO2排出量削減が求められており、設備投資を行なうことは社会に対する責任のひとつであると言えます。

空調機を省エネ化することは、未来を考えること。

空調・熱源を考えることは、建物の未来、企業の未来、ひいては地球の未来を変えていくことに繋がります。
ソラシアでは、空気で未来を変えるご提案をいたします。

よくある質問 よくある質問

※クリックすると内容が表示されます。

4枚羽根で大風量を起こせるの?
風量は羽根の枚数では決まりません。羽根が多く、高速で回転しているのにも関わらず思うような風量が出ないシーリングファンもあります。風量は、羽根の形状や角度などを効率よく設計することで大風量を発生させることが出来ます。
夏場に、天井付近の温かい空気を吹き降ろすと逆に暑くなるのでは?
夏場に天井付近には温まった空気を吹き降ろすと地上付近の温度は上昇します。しかし、天井付近の空気は湿度が低く乾燥しています。乾燥した空気を吹き降ろすため、地上付近の湿度は低くなります。体感感度は温度よりも湿度の影響が大きくなることもあり、さらに気化熱で体温が下がることもあり、結果的には涼しくなることになります。
エアコンがあるのでファンは必要ないのでは?
空気の動きがあると28℃〜30℃設定でも涼しく感じることが出来ます。作業者の健康面にとっても、電気代を大幅削減できる会社にとっても大きなメリットをもたらします。冬場も温かい空気が上空に流れるため、足元付近が寒く、ついつい設定温度を高く設定しがちになります。温かい空気を吹き降ろすことで設定温度18℃〜20℃でも温かい環境をもたらすことができます。
どこに取り付けたら良いの?数量は?
取り付けたい建物の図面、写真などを提供頂ければ、ファンの取付案を提供致します。
6月〜9月までの暑い時期だけしか使用しないの?
暑い時期には、当然シーリングファンは効果的です。ゆっくりとした風が快適な環境をもたらします。
冬の時期は、温まった空気は天井付近にたまります。シーリングファンをゆっくり回すことで、天井付近の温まった空気を足元まで吹き降ろすため冬場の方がむしろ活用されています。

SOLAXIA(ソラシア)は
正和工業の
リノベーション
ブランド名です。

会社概要

商号
正和工業株式会社
代表取締役
横田 生樹
電話番号
048-736-6111
本社住所
埼玉県春日部市豊野町2丁目32-19
東京支社
東京都足立区青井5-13-7 SHOWAコーポレートビル6F

お気軽にご相談ください お問い合わせ


TOP